wpid-dsc_0165.jpg
夏がくれば思い出す〜という歌がありますが、
むしろ、春がくれば思い出すことがある

それはきっと冬のモノトーンっぽい感じから、いっせいに春の匂いがし出すからだと思うのですが、
何をもって春の匂いだというのかはうまく説明できない
少し甘い匂いの花の様な、ふわりとした匂いの様な
何とも言えず、これからのことに胸を躍らせたり、懐かしくなったり。
時間軸で言う逆ベクトルを同時に感じるというのか
何度体験しても春の訪れは奇跡みたいだって人と話したりする。

春霞というのかな
山の近くは白くうすぼんやりとして見える。

The Four Freshmen – Their Hearts Were Full of Spring