近頃は雨の日が多いですね。今は台風が来ているそう。
昔から雨は好きだけど、311からは雨の日も手放しで喜べなくなってしまった。

先日、8/30のFloatでのラベンダーピローのレコ発ライブにお越し下さった皆様ありがとうございました。
音源の録音をしたFLOATの2階で最後に演奏できて良かったです。Floatは8月以降はイベントは実施しない予定とのことです。
共演は『合奏の会』企画のみやけをしんいちさんによる行楽猿、米子匡司さん、フードでバアルカリー、ふっくら、うたかた珈琲でした。

企画して下さった、『合奏の会』みやけをしんいちさんのバンド行楽猿のブラスバンド編成はトロンボーン×2、チューバを率いたとても贅沢な編成だったし、宮本善太郎さんが2曲参加したスネアもピリリとしたアクセントになってとてもかっこ良かった。南インド料理のバアルカリーさんもシンバルで参加していた。
wpid-p_20150830_195619.jpg

Floatの管理人である米子匡司さんと水内義人さんによるパフォーマンスも自作の機械を使ったもの、トロンボーンを使ったループ演奏などと音楽の幅を越えていてとても面白かった。観に来ていた鈴木庸聖さんも呼ばれてパフォーマンスに参加していた。
wpid-img_20150909_073643.jpg

Lavender Pillowは1時間ほど演奏させて頂きました。冷房もない暑い空間で聴いている方も大変だったのではないかと思います。
ここは独特の部屋の響きがあるのですが、お客さんが入ると丁度良いリバーブ感?が出てそれがとても丁度良かった。響き自体を聴いて頂けて良かったです。
私は暑さで汗をかきながらスポ根の様な気持ちで演奏していました。後半はランナーズハイみたいな感覚で演奏していた。
Lavender Pillowは2年程活動していますが、未だに鼻歌っても聴いても演奏しても飽きない音楽です。ギターもそうだけど、声を重なるのが本当に楽しい。辰巳加奈さんとコハクのミオリさんという鉄壁の女性ボーカリストが揃っているのもすごいですが、そこに小林隆太さんというバリトンボイスが加わってかなり幅が広がりました。そこに私の低域や林さんのハイトーンのコーラスが入ると中々広がりがすごい。
こんな音楽を聴きたかった人っているんじゃないでしょうか。沢山の音楽ファンに届くと良いなってと思います。
お疲れ様でした。CDも色々な方に聴いて頂けている様で良かったです。次回のライブは10月に神戸で予定しています。
wpid-img_20150909_072951.jpg
終わった後は、みやけをしんいちさんによる計らい?で、花火を打ち上げて夏の終わり感が出た後に、カンパ制でトムヤムクン鍋などが振る舞われました。
そういった辺りもみやけを節でありました。
2015年8月30日 Float Lavender Pillowレコ発ライブより 『Count Little Star』

それから、9月6日は新福島の喫茶さばのゆ温泉にて、矢野一希氏とのマイセスで久しぶりに演奏させて頂きました。この日は週末カフェである喫茶さばのゆ温泉のクロージングに是非マイセスでと声をかけて頂いた。コーヒー焙煎のうたかた珈琲でもコーヒー豆を使って頂いていて、音楽とコーヒーどちらでもお世話になっていた場所でした。
喫茶さばのゆ温泉では何度も演奏させて頂きましたが、まだ長髪だった頃の矢野くんがライブを観に来てくれて、畳の部屋という場所の落ち着き感もあって意気投合して一緒に音楽を始めたのでした。
この日は店主の方の人柄か沢山人が来てくれていて、終始あたたかなムード。
前半はそれぞれのソロをやって、最後にマイセスという流れ。畳の部屋で生音で演奏するとデッドというのか響きがほとんどなく、それが難しくも面白くもある。
矢野君とマイセスで演奏する時はいつもと違うチューニングで演奏するので、ちょっと難しくもあるが7弦を主音にするチューニングなので、より低音よりのチューニングとなる。
そこに、主旋律の下で軽くコーラスをつけることで彼の歌をより弾き出そうとしている。音域を重ねない、ぶつけないことがハーモニーにおいては一番重要だと思う。
中々演奏は難しかったけれど、色んな人に喜んで貰えて良かった。
矢野君は出会った頃より歌い方もギターの音も変わった様に思う。彼はすごく良い声を持っていて自分の声をコントロールしきれない位の感じがあったけど、ボサノヴァのスタイルが今は大きなヒントになっている様で小さなバリュームで歌うようになっている。あたたかい場で演奏できて本当に良かった。
あとはその日誕生日だった方に向けて急遽バースデーソングを合唱したり、KANの愛は勝つを合唱したりお祝いをした。愛は勝つは何気に転調が難しい曲で変則チューニングでは追いつけなくてこれはいけないなと、修行をしないという思いを新たにした。何でもやってみるものです。
wpid-1441628456357.jpg