使用楽器

飯田健男 7弦バスギター 1989年製
弦長が700cmで少し大きいけれど低音が心地良い。
チューニングは主にEBF#BC#F#B、EAEBEF#B
弦のセットはまだ試行錯誤中。
写真-1

>SCHECTER AR-07
7弦のエレキギター。見た目が気に入っている。
写真-2

Cumbus(ジュンブシュ)
トルコのフレットレス12弦バンジョー
京都のコイズミ楽器で購入
Jpeg

Flora
古いアップライト 鍵盤は象牙製らしい
stolen milkのvo越智灯子さんから譲り受けたもの
dsc_1176.jpg

使用マイクロフォン
JTS/CX500
無指向性のコンタクトマイク マイキングを気にする必要がなくなるし、小さな音も拾ってくれるのでとても良いです。
ライブでの生楽器の集音の方法で悩んでいる方にはおすすめです。

使用チューニング
チューニングはこの2種類を使用  できるだけ弦を押さえずに開放弦を使って弾く
メロディはフレーズが連なって聞こえるように弦を選んで弾いてます
EBF#BC#F#B 4151251
6弦の音を主音にしたチューニング
EAEBEF#B 1415125
7弦の音を主音にしたチューニング

使用指
親指 間接の肉の部分でベース音を担当
人差し指  内声を担当
中指 力が強いので主に旋律、トップノートを担当
とてもテンションの低いチューニングで弾いているので、弦を垂直に落とし込んで振動させる意識で弾く。

使用カポタスト
開放弦の響きを重視しているのでバレーコードを使わずにカポタストを必ず使用してキーを調整。
キーを上げる場合はカポをつけ、下げたい時は弦を緩めて調整する。

G7th Performance capo for Classical Guitar
微調整が効くためチューニングは安定するが使い辛く重い。7弦ギターでも使用可。

G7th Nashville capo for Classical Guitar
チューニングが狂いやすいけど扱い易い。7弦ギターでもギリギリ使用可。